屋根を軽くしたい

清須のリフォーム会社 片岡建築のホームページへ戻る

屋根を軽くしたい

雨漏りを機に屋根の葺き替え(ふきかえ)を依頼される方も多数いらっしゃいます。現在の工法なら屋根も軽くなり耐震性も向上します。

雨漏りを機に屋根瓦を葺き替える

雨漏りがするので屋根を調べたところ、複数の箇所で不具合が見つかりました。家主様を相談の結果、屋根瓦全体を葺き替えるということも少なくありません。屋根の吹き替え工事の場合、現行の屋根瓦を利用できればコスト抑えることが出来ます。

屋根を軽くして地震に備える

熊本の地震で熊本城の屋根瓦が多数ずり落ちたのは記憶に新しいですが、その際、瓦がなくなった屋根に大量の土が残っていたのを覚えておられるでしょうか?あれは土葺き(つちぶき・どぶき)と呼ばれる工法で、屋根の上に粘り気のある土をのせ、さらにその上から瓦を押し付けることで屋根瓦を固定します。
昭和の時代に建てられた住宅にはこの土葺きで建てられたものが多く、瓦と土のおかげで屋根重量がかなり重くなっています。そのため大きな地震が来たら、瓦がずれ落ちたり、最悪建物自体が倒壊する恐れも高まります。
そこで考えられるのが屋根を軽くすること。そのためには土葺きをやめ、代わりに防水シート+瓦で屋根を葺き直す方法があげられます。
写真は屋根の吹き替え工事の途中写真です。屋根板の上に防水シートを張り、その上から瓦を積んでいます。現在の代表的な工法です。

瓦からスレートで軽量化

さらに屋根を軽くする方法としては、瓦ではなく、スレートを使う方法もあります。

この工事で活躍する職人

片岡工業がお受けするリフォームは、大工のみならず、塗装や左官など多岐にわたる職人が活躍します。

大工
左官
電気
写真で質問できる相談フォームへ進む

現在の我が家がこんな状態なんですが…

リフォームでお悩みでしたら、スマホで御自宅の現状を撮影し、そのまま送信してください。

折り返し、プロの大工職人がアドバイスをメールでお送ります。

写真が送れる質問フォームへ

Copyright(C) 2021 (有)片岡建築, All Right Reserved.