こだわりの基礎工事

清須市の大工さん 片岡建築のトップページへ戻る

こだわりの基礎工事

近年リフォームの依頼が多くなりましたが、片岡建築は新築の注文も承ります。当社は地鎮祭から基礎工事、上棟から設備一式まで、すべてお任せいただける建築会社です。

基礎工事

片岡建築の基礎工事の様子です。
まず地盤を調査し、強度に問題があれば地盤改良などを施します。西尾張地区では特に地震と水害を考えた対策が必要になってきます。
基礎工事ではたびたび検査を行い、水平レベルやコンクリートの強度などを入念にチェックします。


写真は床下全面にコンクリートを敷く「ベタ基礎」と呼ばれる工法。基礎全体の強度が増し、湿気を防ぎます。最近の木造住宅では一般的な工法です。

地盤が弱い土地なら杭打ち(くいうち)も行ないます

尾張西部は平坦で海抜が低く、そのため水が溜まりやすい土地柄です。水気の多い軟弱な地盤の上に住居を建てる場合、時として杭打ちなどの工事が必要になります。そんな時も片岡建築にお任せください。詳細な調査を行ない、軟弱な地盤の深さが2メートルまでなら土をセメントで固める表層改良。軟弱な地盤が2メートルを超えるようなら杭打ち工法で基礎を確保します。


写真では摩擦杭(まさつぐい)と呼ばれる杭を地中に埋め込んでいます。軟弱な地盤が深く、その下の固い地盤(支持層)に辿り着けないような場合、このような節のついた杭を埋め込み、セメントで固めることで強度を確保します。

写真で質問できる相談フォームへ進む

「今の自宅がこんな状態なんですが…」写メで相談!

リフォームでお悩みでしたら、スマホで御自宅の現状を撮影し、そのまま送信してください。

折り返し、プロの職人がアドバイスをメールでお送ります。

写真が送れる質問フォームへ

Copyright(C) 2021 (有)片岡建築, All Right Reserved.